メニュー

睡眠時無呼吸症候群・CPAP

赤羽もり内科・腎臓内科では、睡眠時無呼吸症候群の検査・CPAP療法を行っています。

睡眠時無呼吸症候群とは

寝ている間に、空気の通り道が塞がってしまい酸素が足りない続く病気です。

睡眠時無呼吸症候群の症状

症状としては、以下のようなものが挙げられます

・寝ている時の強いいびき、無呼吸状態。

・寝ている時に何度も起きてしまうトイレに行ってしまう。

・日中の集中力の低下、眠気、抑鬱状態。

また症状が無くても、以下のような場合は疑います。

・高血圧に対して何剤も薬を飲んでいるのに良くならない。

・夜間の血圧が高い。

・血圧は正常なのに、心臓が大きくなっている。

睡眠時無呼吸症候群は症状だけでなく、心臓や脳、腎臓の病気を引き起こす可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群の検査

検査としては自宅で出来る簡易無呼吸検査を行います。

手の指や鼻の下にセンサーをつけて普段通り寝ていただいて、睡眠時の呼吸状態を調べます。

当院では、こちらの検査を手配することができます。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療としては、以下のようなものがあります。

  • 生活習慣の改善
  • マウスピース療法
  • 手術
  • CPAP療法

CPAP療法とは

CPAP療法とは、無呼吸を防ぐために専用のマスクを付けて圧をかけ気道が塞がるのを防ぐ治療です。

近年、持ち運びが可能なコンパクトなCPAPも増えています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME