メニュー

sglt2阻害薬を飲む前にまず読んでほしい記事

こんにちは。

赤羽もり内科・腎臓内科の院長の森 維久郎です。

糖尿病の世界で最近話題のSGLT2阻害薬についてお話をしたいと思います。

目次

SGLT-2阻害薬とは

SGLT-2阻害薬は、余分な糖を尿から出すことで血糖値を下げる薬です。

通常、血液の糖分は、糸球体(しきゅうたい)と呼ばれる身体の必要なものと、不要なものを振り分けるフィルターを通過して、尿として一度排出されます。

その後、腎臓の尿細管(にょうさいかん)という場所で再び吸収されます。

SGLT-2阻害薬は、この尿細管での糖の吸収を抑えて、そのまま尿に糖分を排泄するようにします。

その作用により血糖を下げるだけでなく全身の臓器を保護する効果が期待されています。

 

SGLT-2阻害薬の効果

糖尿病の状態を良くする作用

尿から糖を排泄することにより、血糖値を下げる効果があります。

ここ数年、SGLT-2阻害薬の効果が認められ、よく使用されるお薬となりました。

腎臓を守る作用

SGLT-2阻害薬には、血糖をおさえるだけでなく腎臓を守る作用があります

2型糖尿病では、腎臓の糸球体に圧力がかかり、腎臓が壊れてしまいます。

SGLT-2阻害薬は、この腎臓の糸球体にかかる圧力を減らすことで腎臓の負担を減らすことが近年の研究でわかりました。

そのため慢性腎臓病がある患者さんには糖尿病がなくても、一部のSGLT2阻害薬が保険適用となっています。

 

心臓を保護する作用

腎臓だけでなく、心臓を守る作用も期待されています。

心不全や心筋梗塞などを減らすという結果も報告されており、アメリカなどでは糖尿病の薬でメトホルミンというお薬に次いで2番目に使われるようになっています。

そのため日本では慢性心不全がある患者さんには糖尿病がなくても、一部のSGLT2阻害薬が保険適用となっています。

 

SGLT-2阻害薬とダイエット

SGLT-2阻害薬は1日あたり約300-400kcal程度のカロリーを尿から排泄します。

これはおにぎり2個分くらいのカロリーに相当しますので、数か月経過すると2-3kg程度の体重減少します。

ただしSGLT-2阻害薬は食欲を増やす効果もあるので、要注意です。

尚、SGLT-2阻害薬は以下のような方にしか保険診療として処方することはできません。

  • 糖尿病の方
  • 心不全の方
  • 腎臓病の方

SGLT-2阻害薬をダイエット目的で自費診療として処方する医療機関もありますが、当院では行っていないのでお気をつけください。

 

SGLT-2阻害薬の副作用

SGLT-2阻害薬の副作用は以下のようなものがあります。

  • 脱水
  • 尿の感染症
  • 性器の感染症(女性が多い)
  • 低血糖 など

対策として、SGLT-2阻害薬を飲む時は、水をしっかり飲んでください

また、ご飯やお水が飲めないような病気になった時(=シックデイの時)は、低血糖や脱水になるリスクが増えるので休薬して医師に相談してください。

 

SGLT-2阻害薬の値段

SGLT-2阻害薬は様々な製薬メーカーから販売されており、値段も会社ごとによって異なります。

あくまで参考としてですが、保険診療で3割負担と仮定すると50-100円/日程度のことが多いようです。

 

よくある質問

SGLT2阻害薬の種類・使い分け・比較について教えてください。

SGLT2阻害薬は、様々な製薬メーカーから販売されています。

薬の作用としては細かい違いはあるものの、概ね違いはありません。

心不全や慢性腎臓病に対して保険適応があるSGLT2阻害薬とそうでないものがあります。

詳しくは糖尿病リソースガイドのこちらのページをご参照ください。

 

SGLT2阻害薬のジェネリックはありますか?

現段階でジェネリックはありません。

 

SGLT2阻害薬以外の薬について教えてください。

糖尿病では、ビグアナイド系薬剤(メトホルミン)と呼ばれるお薬を最初に使うことが多いです。

その他、GLP1製剤、SU剤、ピオグリタゾンなど様々な薬があり、状況の応じて使用していきます。

詳しくは、「糖尿病の薬が開始したら読んでほしい記事。副作用は?」の記事をご参照ください。

 

SGLT2阻害薬を自費で購入することはできますか?

当院では「SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会」のページを内容受けてSGLT2阻害薬の自費での販売は原則行っておりません。

 

最後に

糖尿病でSGLT2阻害薬について調べられている方が多いと思いますので、そのような方が興味ありそうな記事を少し紹介させて頂きます。

ご興味があればご参照ください。

1 血糖値をさげる糖尿病の食事療法

薬だけでなく食事療法を行うことで、血糖値を上げにくくして血糖の状態が改善させることが可能です。

血糖値が上がりやすい食事、食べ方、どうしても食べたいときのおやつの選び方などの様々なテクニックがあります。

詳しくは「糖尿病に良い食べ物で血糖を下げるための4つの基礎知識」をご参照ください。

2 血糖値をさげる糖尿病の運動療法

運動療法を行うことで、血糖値を下げるインスリンが効きやすくなり血糖の状態が改善します。

有酸素運動や筋力トレーニングを組み合わせることでより効果的になります。

詳しくは「糖尿病にきく運動や筋トレで血糖値を下げるための基礎知識」をご参照ください。

3 必要な時にはしっかり使うべき糖尿病の薬

SGLT2阻害薬の他にも糖尿病の薬は一杯あります。

詳しくは「糖尿病の薬が開始したら読んでほしい記事。副作用は?」をご参照ください。

4 肥満がある場合は必要な糖尿病とダイエットの知識

糖尿病の方の中でも肥満が大きな原因で糖尿病になっている患者様が一定数いらっしゃいます。

ダイエットを行うことで糖尿病の改善が見込めることがあります。

詳しくは「糖尿病とダイエット(現在作成中)」をご参照ください。

5 もしご興味があれば当院の糖尿病内科にご相談ください。

当院では糖尿病と指摘された方に関して、いきなり薬を出すのではなく、詳しい検査を行い、その後食事療法や運動療法、ダイエットなどの生活習慣の改善で治療をしていく方針にしています。

自分で色々調べるよりも、一度専門家に相談してアドバイスをもらい、日々の生活の中で実践することを推奨します。

詳しくは「当院の糖尿病内科のページ」をご参照ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME