メニュー

糖尿病の診断

糖尿病の診断は、高血糖が慢性的に持続していることを証明することで行います。

糖尿病の診断

様々な項目がありますが、簡略化すると「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」と「血糖値」が大切です。

HbA1cの異常:HbA1cが6.5%以上の状態。

血糖値の異常:空腹時の血糖126mg/dl以上、もしくは随時の血糖200mg/dl、もしくはブドウ糖負荷して2時間後の血糖が200mg/dlの状態。

HbA1c異常かつ血糖値異常の時

糖尿病の診断となります。

血糖値のみ異常の時

・眼の網膜という箇所に異常がある

・口渇・多飲・多尿・体重減少などの明らかな糖尿病の症状がある

のいずれかを満たす場合は、糖尿病の診断になります。

満たさない場合は再検査になります。

HbA1cのみ異常の時

HbA1c、血糖ともに再検査をして、血糖値の異常があれば糖尿病の診断になります。

日本糖尿病学会から出版されているガイドラインに以下のフローチャートが記載されているので詳しくはこちらをご参照ください。

 

 

当院では糖尿病の診断をガイドラインに沿って行います。何かご不明な点がございましたら主治医に相談してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME