メニュー

腎臓の検査

赤羽もり内科・腎臓内科では、「腎臓病」の診療を行っており、このページでは腎臓診療で行う検査についてまとめます。

採血検査

クレアチニン

腎臓の状態をみる代表的な検査です。しかし、近年eGFRを使って評価するのが主流になっています。

eGFR(イージーエフアール)

先述のクレアチニンの進化バージョンです。腎臓の状態が大まかに100点満点で今何点かが分かります。

尿素窒素(BUN)

腎臓が悪くなることによって出しきれなくなった毒素を測定しています。腎臓病ステージ5の人が透析を準備することを決める指標として使用します。

K(カリウム)

野菜・果物に含まれる成分で、腎臓が悪くなると、尿から出し切れなくなります。

カリウムの値が5.5meq/L以上になると心臓の拍動に異常が生じて起きる突然死のリスクが上がります。

Ca(カルシウム)

腎臓が悪くなるとカルシウムを作るホルモンが減り、カルシウムが減ります。

骨を溶かして補おうとするため低い状態が続くと骨がもろくなる可能性があります。

カルシウムの値は8.5-9.0mg/dl辺りを目標として治療をします。

P(リン)

添加物や肉などの動物性タンパクに含まれている成分で、腎臓が悪くなると、尿から出し切れなくなります。

リンの値が高い状態が続くと、動脈硬化が進行して、腎臓の障害のスピードも変わると言われています。

LDL-C(悪玉コレステロール)

腎臓病の患者さんは、心臓の障害が起きる可能性があり、悪玉コレステロールの調整が必要です。

採尿検査

タンパク尿

腎臓の状態をみる代表的な検査で、「腎臓のSOS」のような役割を果たします。

尿潜血(にょうせんけつ)

タンパク尿と同じように「腎臓のSOS」のような役割を果たしますが、泌尿器科の病気でも出るので区別する必要があります。

画像検査

腹部エコー

腎臓を超音波で形を観察することで評価します。大まかに小さくなっていれば動脈硬化などの影響、大きくなっていれば糖尿病の影響が考えられます。

その他

血圧脈波;全身の動脈硬化、足の血流を調べる検査

頸動脈エコー:脳梗塞のリスクを評価するために脳の入り口の頸動脈の状態を評価する検査

眼底検査:腎臓病の原因で、糖尿病と動脈硬化の影響を予想するために眼の検査を行うことがあります。

腎臓病の診療をご希望の方へ

当院では「透析」になる患者さんを減らす腎臓病の診療に力を入れております。
 
受診希望の方は、初診の患者様向けのページをご参照ください。
 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME