メニュー

脂質異常症

赤羽内科・腎臓内科では、「脂質異常症(ししついじょうしょう)」の診療を行っております。

脂質異常症とは? 

脂質異常症とは、コレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)などの脂質が、血液中に多くあり続ける病気です。増えた脂質が、血管の内側にこびり付き、動脈硬化が全身の血管に起きます。長く続くことで、最終的に心臓や脳に障害がでます。

脂質異常症の症状

重症の場合を除き、症状がまったくありません。症状がないため放置されて、心臓や脳に障害が出てやっと治療を開始されることも多いです。

脂質異常症の原因

脂質異常症の原因として、生活習慣だけでなく遺伝、ホルモンの影響もあります。

当院の「脂質異常症」の診療の特徴

① ガイドラインに沿った検査

問診などを行います。加えて、最初の診察の時には、脂質異常症のガイドラインに記載されているように、遺伝の病気や、ホルモンの病気など他の病気が隠れていないかを確認いたします。

② 内服薬よりも生活習慣に着目した治療

脂質異常症の治療として、生活習慣の改善、内服薬を使った治療を行います。軽症であれば、まず生活習慣の改善をご提案させて頂きます。ご希望があれば管理栄養士による食事の説明を受けていただくことも可能です。

③ 赤羽駅から徒歩5分、平日夜間20時、土曜日も診療

最初の評価を詳しく行った後は、定期的に通院して頂きます。会社勤めの方などでも通院が続けられるように平日夜間20時、土曜日の診療をしております。

脂質異常症の診療をご希望の方へ

当院では脂質異常症の診療を行っております。受診希望の方は、初診の患者様向けのページをご参照ください。
 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME