メニュー

医療関係者の方へ

赤羽もり内科・腎臓内科のホームページに訪問頂き、誠にありがとうございます。

医療関係者様からの問い合わせが増えてきたので以下のような方を対象にして情報提供させていただきます。

① クリニックの皆様方へ:患者様の紹介など

② 病院の地域連携室の皆様方へ:病診連携、患者様の逆紹介など

③ 当院の勤務を希望する方へ

④ 在宅診療について

① クリニックの皆様方へ

当院ではクリニックでは珍しく、透析になる前の段階の保存期の腎臓病の患者の診療に力を入れております。

以下のようなご要望にお応えできればと存じ上げます。

  • 大きな病院に送るほどではないけど腎臓のことが気になる。
  • 尿タンパクが出ているけど、いまいちどう診療して良いかが分からない。
  • 腎臓の食事や運動について詳しく患者さんに情報提供してほしい。

ご多忙な先生方の外来中に情報提供を書く時間がないと思います。

2、3行で簡単に書いて頂ければと思います。過去の採血結果があれば是非そちらのコピーを数年分同封頂けると大変助かります。

尚、ご紹介頂いた患者様は、情報提供書とともに逆紹介させていただきます。(今後、当院での加療をさせて頂ける際は、一言添えて頂けると大変ありがたいです。)

② 病院の地域連携室の皆様方へ

当院では、透析になる前の段階の保存期の腎臓病、生活習慣病の患者の診療に力を入れております。

以下のようなご要望を頂くことが多いです。

  • 腎臓病の患者さんを逆紹介したいけど、地域に腎臓を診れるクリニックがない。
  • 軽症だけど、医療機関には定期的に受診してほしい患者さんがいる。
  • 外来が圧迫して困っている。

当院では、管理栄養士による栄養指導、理学療法士による運動療法を積極的に行っています。

特に腎臓病に関しては、初期〜透析直前(腹膜透析も可能)まで診察することが可能です。

中核病院の先生方は、紹介状を書く時間が中々取れないと思います。

簡単にお書き頂ければと思います。

当院で情報を整理して分からないことがあれば提供願いをさせていただきます。遠慮なくご相談ください。

在宅医療に関して、当院は基本的にかかりつけで希望の患者さんのみの対応となります。(かかりつけの患者様に関しても一度は在宅医療専門の施設へのご紹介を推奨しております。)

一方で、腎不全の在宅医療に関しては、近隣施設とネットワークを作り提供しております。詳しくは、④の「在宅診療について」をご参照ください。

③ 当院の勤務を希望する方へ

当院では、別途採用ページで情報を公開しております。

小さなクリニックでありコミュニケーションを重視しております。

個人の能力よりも、スタッフや患者さんとしっかり関係性が築ける方を募集しております。

詳しくは採用ページをご参照ください。

採用ページ

④ 在宅診療について

在宅医療に関しては、当院に長年かかりつけの患者様で、希望がある方のみとしております。

一方で、腎不全(透析非導入・透析患者様)の在宅診療については、近隣施設と連携をして患者様に提供させていただくこともあります。

在宅診療を行われている医療機関様へ

在宅で療養されている患者様の、腎臓のコンサルトをさせていただくことが可能です。

可能であれば、当院まで受診頂けるとスムーズではございますが、訪問診療を行うことも可能です。

患者様の負担と致しましては、在宅患者訪問診療料2+検査の判断料などです。

詳しくは、当院までご連絡ください。

病院の地域連携室の皆様方へ

当院では、末期腎不全の透析非導入・腹膜透析の患者様に関しては、在宅医療を行っております。

状態が安定している際は、当院で訪問させて頂きます。

今後、患者様の状態をみて、連携している24時間対応が可能な在宅診療を行っているクリニックに当院からご紹介をさせて頂きます。

詳しくは、当院までご連絡ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME