メニュー

頸動脈エコーを行うメリットや検査で分かることについて解説

こんにちは、赤羽もり内科・腎臓内科の院長の森 維久郎です。

今日は当院でも力を入れているエコー検査の中で頸動脈エコーという動脈硬化の見える化ができる検査について解説します。

腎臓病・糖尿病などの生活習慣病の方には一度お勧めの検査になるのでぜひ読んでほしい記事です。

【目次】

  1. 頸動脈エコーとは
  2. 頸動脈エコーでわかること
  3. 頸動脈エコーの費用
  4. 頸動脈エコーと一緒に行いたい2つの検査
  5. 頸動脈エコーは何科の病院で検査できるのか

頸動脈エコーとは

頸動脈エコーとは、頸動脈(けいどうみゃく)と呼ばれる脳の入口の太い血管の動脈硬化を超音波を使って調べる検査です。

超音波を使うため、痛みや被爆などのリスクなく安全に行えるのがメリットです。

頸動脈エコーでわかること

頸動脈エコーでは、以下のようなことがわかります。

  • 血管の壁の厚み
  • こびりついた油汚れ
  • 血管が狭くなっている

これらの所見があるときは頸動脈だけでなく、全身の血管に同様の変化が起きている可能性があります。

特に脳梗塞や心筋梗塞のリスクを見える化できるのが特徴です。

頸動脈エコーの費用

頸動脈エコーは糖尿病、高血圧、脂質異常症の診断を受けている方や閉塞性動脈硬化症、脳梗塞の疑いのある方には保険適応で3割負担で行うことができます。

時と場合によりますが、保険適応であれば診察+頸動脈エコーで3割負担で3000-5000円程度です。

頸動脈エコーと一緒に行いたい2つの検査

頸動脈エコーを行う場合、その他に以下の2つの検査を推奨します。

  1. 動脈硬化の血液検査
  2. 血圧脈波検査

これらの検査をすべて行うと3割負担で4000-6000円程度になります。

詳しくは「動脈硬化と言われたらまず行いたい3つの検査」の記事もご参照ください。

頸動脈エコーは何科の病院で検査できるのか?

頸動脈エコーは設備がある医療機関で行うことが可能で、「血管」に関わる以下の科目の診療科に受診されると検査が可能なことが多いです。

  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 糖尿病内科
  • 脳神経内科 など

当院でも検査は可能で、東京都や埼玉の方からご相談を頂くことが多いです。

頸動脈エコーにご興味がある方

当院では木曜日にエコー外来を設置して、超音波検査や血圧脈波を行っています。

かかりつけの方は、WEBで予約が可能です。

かかりつけでない方については、以下の流れになります。

① 初診(医師の診察+血液検査) WEB予約の「初診」からご予約ください。

② 再診(頸動脈エコー+血圧脈波検査+すべての検査の結果説明)木曜日のみです。

何かご不明な点がございましたら遠慮なくご相談ください。

▼クリニックについてはこちら

▼腎臓病について知りたい方はこちら

▼糖尿病について知りたい方はこちら

▼動脈硬化について知りたい方はこちら

▼エコー検査について知りたい方はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME