メニュー

かかりつけの患者様へ

当院ではかかりつけの患者様から頂く質問や当院の考え方を少しずつこのページでまとめていきます。

 

よくある質問(随時更新)

風邪・インフルエンザになったときはどうすればよいですか?

当院では生活習慣病・腎臓病の患者様の安全を優先して、原則、発熱や呼吸器症状のある患者様の診察時間内の診察は行っておりません。

ただし、かかりつけの患者様にこれらの症状があった場合は遠慮なくご相談を頂きたいと思っております。

以下のような段取りでご相談ください。

① 事前にクリニックに連絡。お名前、診察券番号を教えてください。診療時間外であれば問合せフォームなどでご連絡ください。

② 基本的に昼休みの時間(14-16時)の間に受診を頂くことになります。

③ オンライン診療(=電話)での対応も可能です。

また、以下のような対応を頂いてもよいです。

① 市販の薬で対応する。

② 他のクリニックを受診する。

当院としては、ほかのクリニックを受診して頂いても問題はありませんので、遠慮なくご相談ください。(必要であれば情報提供もさせて頂きます。)

ワクチンを希望の時はどうすればよいですか?

当院ではかかりつけの患者様に限定してワクチンを予約制で行います。

事前に希望を教えて頂き、その後取り寄せをさせて頂きます。

健康診断はやっていますか?

当院では、地域のルールで区の健康診断は2021年より対応が可能です。ご不便をかけて申し訳ございません。

休診日について教えてください。

当院では、火曜・金曜・日曜が休診日です。また祝日もお休みをいただきます。

臨時休業についてはこちらのページで更新しますのでご参照ください。

当院の考え方(随時更新)

オンライン診療に対して

当院では、安定したかかりつけの患者様についてはコロナウイルス感染拡大の期間に限定してオンライン診療を行っております。オンライン診療は電話で行います。

オンライン診療については、慢性疾患の患者様の利便性を上げるという意味では非常に有効なツールと考えておりますが、それより大切なのは従来の1か月処方を見直しして、長期処方を行うことだと考えております。

当院では、安定している患者様につきましては、患者様の希望も聞きながらではございますが、目安として糖尿病・腎臓病なら2か月処方、高血圧・脂質異常症なら3か月処方を目指していきます。

風邪・インフルエンザ・胃腸炎の治療について

風邪・インフルエンザ・胃腸炎・花粉症については、当院ではセルフメディケーションを推奨しております。

セルフメディケーションとはドラッグストアなどでご自身で薬を買い治療を行うことで、海外では風邪などの場合にクリニックに行くことは珍しいようです。

意外と知られていませんが、日本のドラッグストアやamazonなどでも風邪・花粉症の薬・漢方を購入することは可能です。

詳しくは後日まとめたいと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME