メニュー

当院での発熱対応、コロナワクチン接種について

【目次】

  1. 発熱対応・PCR検査について
  2. 新型コロナワクチン接種について

発熱対応・PCR検査について

● かかりつけの患者様

2022年7月より検査は「クリニックでのPCR検査」→「自宅での抗原検査」を推奨することとしました。

理由は

  • 株の変異やワクチン普及による重症化率が低下していること
  • 変異株の潜伏期間が短くなっていること
  • 抗原検査キットの有用性が高くなっていること
  • PCR検査の結果が出るまでに2-3日時間がかかること 

などが挙げられます。

市販の抗原検査キットや民間のPCR検査で陽性になった場合は、当院の電話診察をした上で、当院の方で保健所への報告や10日間の経過観察を行ないます。

当院の患者様の半分ぐらいの方は県外から受診されておりますため電話などツールを積極的にご活用ください。

証明のためにもう一度PCRを行ったり、来院される必要はありません。(当院では抗原検査キット、PCR検査を置いていないため院内での検査は行っておりません。)

フロー

① 薬局などの市販の抗原検査キットを購入してご自宅で検査を行う。

(赤羽付近では抗原検査キットは雄飛堂薬局 LaLa(ララ)赤羽店ガレリア薬局などで販売しています)

② 陽性の場合:電話診療をしますので③へ。

陰性の場合:翌日、翌々日と複数回の測定を行ない陽性なら③へ。ずっと陰性の場合は新型コロナの可能性は低いです。

③ 当院に電話、オペレーターと診療の予約をとる。

その後WEB問診表への回答をお願いします。(保険証が変わった場合は事前にオペレーターにお伝えください。保険証を当院のLINE公式アカウントにて確認しております。)

④ 担当医より電話して電話診療開始。(所定の時間より多少前後する可能性があります。)

⑤ (必要時に)処方箋をかかりつけ薬局にFAXします。事前のかかりつけ薬局のFAX番号をWEB問診表に記載してください。

ラゲブリオなどコロナウイルス感染症専用の治療薬については、当院では行っておりませんし、9割以上の場合で不要です。

⑥ 保健所には当院から連絡をしておきます。毎日電話でご連絡をして経過観察をします。

 

● かかりつけではない患者様

事前連絡のない発熱患者様の来院など、かかりつけの患者様に迷惑となる事例が立て続けに起きたため、2022年4月以降、かかりつけの患者様のみ対応とさせていただきました。

 

● 症状がない場合

症状がない場合は、民間の検査センターで受診することを推奨しています。

赤羽駅前PCR検査センターのホームページはこちら。

 

受診される方は必ずお読みください

ご了承願い

対面の発熱対応は、クリニックの昼休みに行っています。リソースが足りなくて手際が悪かったり、人数制限がある点についてご了承ください。

(申し訳ございませんが通常診療時間は予約が一杯で発熱対応ができません。)

また、1日あたりの対応人数に上限があり、状況によってお受けできないこともあります。

かかりつけの患者様の電話での対応は昼休みに限らず行っておりますので遠慮なくご連絡ください。

 

●治療

結果が出る前に通常のウイルス感染症と同様の対応をします。(仮にコロナウイルス感染症であっても大半がこの対応で良いです。)

点滴などの設備は用意しておりません。

ラゲブリオなどコロナウイルス感染症専用の治療薬については、当院では行っておりません。(詳しくは厚生労働省のページをご参照ください。)

 

●抗原検査キット

赤羽エリアでは以下の薬局さんで取り扱いがあります。

その他取り扱いがある薬局様は当院までご連絡ください。

 

新型コロナワクチン接種について

* 現状

4回目接種については7月から行います。

 

*予約方法

行政の予約システムは使用せずに、WEB予約とさせていただきます。

 

*予約枠について

予約枠は、WEB予約システムで公開されているもののみです。

公開されている枠がない場合は、予約が一杯になっている状態です。

 

*申請

基礎疾患がある方で接種券をお持ちでない方は北区のホームページからご自身で申請をしてください。

 

*服装

シャツなど肩の出しやすい服装でお越しください。

▼クリニックについてはこちら

▼腎臓病について知りたい方はこちら

▼糖尿病について知りたい方はこちら

▼動脈硬化について知りたい方はこちら

▼エコー検査について知りたい方はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME