メニュー

高尿酸血症・痛風

赤羽もり内科・腎臓内科では、「高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)」、「痛風(つうふう)」の診療を行っております。

高尿酸血症・痛風とは? 

高尿酸血症とは、尿酸というDNAなどが分解された時の老廃物が、血液中に多くあり続ける病気です。
 
増えた尿酸が、動脈硬化を引き起こしたり、塊を作り関節の炎症を起こします。痛風はこの関節炎のことを指します。

高尿酸血症・痛風の症状

尿酸が高いこと自体では、無症状ですが、痛風になると激しい痛みが起きます。足の付け根、足首などに起きることが多いです。

高尿酸血症・痛風の原因

食べすぎ、飲みすぎ、ストレスなどの生活習慣、内臓脂肪や肥満が関わっています。

当院の「高尿酸血症・痛風」の診療の流れ

当院では問診→検査を行い、必要に応じて治療を行います。

診療の流れについてお問い合わせを頂くので一般的な流れをお示しします。

① 問診

問診では、いままでかかったことのある病気、飲んでいる薬などをうかがいます。

過去の健康診断などのデーターや、薬手帳があると非常に助かります。

② 検査

尿酸は採血で評価をすることが可能です。

尿酸値が高いから、尿酸を下げるのではなく、体内でどのような変化が起きているかを考えた上で適切な治療を行います。

例えば、脂肪肝や中性脂肪が高いときはアルコールや減量をオススメするので、採血で肝臓の状態や脂質の状態も評価します。

痛風の場合は、医師の目で関節の状態を診察します。

③ まずは生活習慣の治療を

尿酸というビールを連想される患者さんが多いのですが、実は体内で合成されている尿酸が多く、日頃の生活習慣(運動不足、ストレス、寝不足)を調整することが大切です。

当院では尿酸の値が7-8mg/dlのときは、いきなり薬を使用せずに生活習慣の是正を試みることが多いです。

尿酸の値が8-9mg/dlの時は、患者さんごとで検討して、9mg/dl以上の時は薬を開始します。

ご希望があれば、管理栄養士による栄養相談を受けることもできます。

④ 薬

薬を開始する場合は、尿酸値6mg/dl前後を目指します。

当院では、尿酸の値が安定しており、日常生活を送ることが出来る元気な方には3か月処方を推進しています。(その他の病気がある場合は1-2か月処方になることもあります。)

痛風発作のときは、尿酸の値をいきなり下げることで痛風の状態が悪くなるので少し時間をおいてから尿酸値を下げます。

⑤ 通院

当院では、会社勤めの方などでも通院が続けられるように平日・土曜の20時まで診療をしております。(最終受付20分前)

赤羽駅東口から徒歩4分のところにあり、北赤羽や戸田や川口の方で受診される患者様もいらっしゃいます。

診療をご希望の方へ

当院では予約優先制をとっており、予約なく受診することも可能ですが少しお待たせするかもしれません。

ご了承ください。

予約方法についてはこちら

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME