メニュー

カリウムと腎臓

こんにちは、赤羽もり内科・腎臓内科の院長の森 維久郎です。

今日は、腎臓病の悩みの種であるカリウムについての解説記事を書きます。

よくいただくご相談内容としては以下のようなものがあり、そのような悩みを抱えている方に向けて書いています。

・腎臓病で、カリウムが高いと言われるがよく意味が分からない。

・カリウムが高くて、何を食べれば良いか分からない。

・野菜・果物も駄目と言われて、食べるものがなくなった。

【目次】

カリウムとは

腎臓病でカリウムを制限するのはなぜか

高カリウム血症の症状

高カリウム血症の治療

本当にカリウムを制限する必要があるのか

カリウムに対する治療の考え方(私見)

カリウムとは

カリウムは野菜や果物に含まれるミネラルの1種です。

採血検査で「K」と記載されているのが、カリウムの値です。

カリウムは不足しても、余っていても望ましくなく、いずれも心臓の脈のリズムを乱して突然死の原因となることもあります。

腎臓病でカリウムを制限するのはなぜか

先ほどお伝えした通り、カリウムが増えすぎると突然死の危険性が出ます。

健常な人では、カリウムが増えすぎると尿から排泄されますが、腎臓が悪くなると尿から不要なカリウムが出ていくことができません。

そのため、腎臓病の患者さんでは採血で5.5mEq/L以上を越えないようにするようにガイドラインで決められています。

高カリウム血症の症状

カリウムが高いときの症状として、突然死以外に以下のような症状が出ます。

  • 息切れ
  • 脱力
  • 意識障害
  • 失神
  • 無反応

ただし、このような症状が出ずに突然死を引き起こす不整脈が起きることもあり、症状がないからと言って安心では決してありません。

高カリウム血症の治療

カリウムを貯めないためには、「摂取するカリウムを減らす」か「カリウムを腸から吸収しないようにする薬を飲む」の2種類の方法があります。

 

・摂取するカリウムを減らす

カリウムがよく含まれる食事として、レンコンやカボチャなどの野菜類、バナナなどの果物、干し椎茸、芋類、豆類などがあります。

野菜であれば、茹でこぼしてから食べてもらうなどの工夫をします。

カリウムを減らすためには食事の知識が必要であり、管理栄養士による栄養相談をしながら食事をとっていくことが望ましいです。

 

・カリウムをおさえる薬を飲む

腸でのカリウムの吸収を抑える薬「カリウム吸着薬」を飲むことでカリウムが上がらないようにする治療です。

カリメート、アーガメイトゼリー、ロケルマなどが薬がこれらに当たります。

時折、カリウム吸着薬で便秘など腸の状態が悪くなる方がいらっしゃいますので適宜副作用の確認をします。

本当にカリウムを制限する必要があるのか

腎臓→カリウム制限と一律に制限することがありますが、これは間違っていると思います。

患者さんだけでなく医療者も勘違いしていることが多いのですが、カリウムそのものは腎臓を障害しません

過去の報告でカリウムの値が3.0-4.0mEq/Lの人たちと、4.0-5.0mEq/Lの人たちだと、後者の方が治療成績が良かったという報告もありカリウムを制限しすぎるのも良くないと報告もあります。

あくまで怖いのは、カリウムが高くなりすぎたときの突然死です。

そのため腎臓病であっても、まだ軽症であったり、血液検査のデーターでカリウムが上がっていないときはカリウムを制限する必要はありません。

カリウムに対する治療の考え方(私見)

よくカリウムに過剰に反応して、野菜・果物を全く食べなったり、カリウムの値を下げすぎる治療をしている症例をよく見かけます。

個人的には、可能な範囲で野菜・果物を制限しないようにすることを推奨しています。

野菜・果物にはカリウムだけでなく体に必要な食物繊維やビタミンが含まれており、これらを制限するのは望ましくありません。

主治医と協力して、血液検査でカリウムの値をみて、個別で野菜・果物の量を決めていくことが望まれます。

当院では、カリウム吸着薬を飲んででも、野菜・果物を制限しないようにして、その分食事についてはシンプルに塩分の制限に集中してもらうのが現実的な治療法だと考えています。(あくまで私見です。)

遠慮なくご相談ください

腎臓病の診療をしていると、食事の悩みを抱えている患者様が多くいらっしゃいます。

特に腎臓病の食事療法は「あれもダメ、これもダメ」となり「何を食べてよいかがわからない」という声をよくいただきます。

当院では、専門の管理栄養士と一緒になって「何を食べてよいか」を考えていきます。

透析を予防する腎臓内科のクリニックは、まだ数が少ないため当院を受診される患者さんの半数以上は県外から受診されています。

何かご不明な点がございましたら遠慮なくご相談ください。

 

お電話・webより、診察のご予約を受け付けております。

 

▼web予約

 

▼電話予約

03-5249-3210

【ご注意】

  • 予約優先でのご案内となります
  • web予約は1時間前まで可能です※電話は随時対応
  • 予約なしの受診も可能ですが、待ち時間が長くなる場合がございます
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME