メニュー

腎臓病に良い食べ物で腎機能の低下を防ぐための3つの基礎知識 

こんにちは、赤羽もり内科・腎臓内科の院長の森 維久郎です。

本日は、腎臓でお悩みの方から一番相談が多い腎臓の食事療法について解説記事を書きます。

腎臓病の食事療法として抑えておくべき基礎知識は、「塩分」、「野菜・果物」、「タンパク質」の3つです。

【目次】

塩分の調整について知ろう

腎臓の食事療法で一番大切なのは、塩分を減らすことです。(当院では塩分に患者さんの8割方の労力を割いてもらっています。)

塩分を減らすことで、以下のような効果が期待できます。

  • 血圧を下げる
  • 薬がききやすくなる
  • 腎臓の障害を抑える

塩分摂取は6g/日以下を目指しましょう。6g/日は日本人の平均的な塩分摂取の半分くらいの量です。

この目標を達成するのは難しく腎臓病の患者さんで10-20%程度しかこの目標を達成できません。

塩分の調整は気合ではなくテクニックで、以下のような工夫をすると良いでしょう。

  • 酢の物を好んで召し上がる
  • ダシや香辛料を積極的に使う
  • 具を増やす など

もしご興味がある方がいらっしゃったら、らくだ6.0という食品メーカーとのコラボイベントで「減塩コラム」を書いておりおりますのでご覧になってください。

調味料や醤油、味噌汁、ラーメンなどの塩分についての小ネタを書いています。

野菜・果物の調整について知ろう

野菜・果物に含まれるミネラル「カリウム」が腎臓病の患者さんで問題になることがあります。

腎機能が低下すると腎臓からのカリウムの排泄が少なくなり、体に溜まってしまい「高カリウム血症」になります。

高カリウム血症は、突然死の原因となる心臓の不整脈を引き起こす可能性があるので腎臓病の患者さんでは野菜・果物を控えるように言われています。

カリウムを多く含む食事として以下のようなものがあります。

果物

  • バナナ
  • アボガド
  • キウイフルーツ
  • さくらんぼ
  • メロン
  • なつみかん
  • もも など

野菜

  • いも類全般(里芋、さつまいもなど)
  • かぼちゃ
  • 白菜
  • キャベツ
  • なす など

ただし近年この野菜・果物の制限が、腎臓病の患者さんの健康にとって望ましくない状況を生んでいるのではないかという報告も出てきています。

個人的には、以下のような患者さんには野菜・果物はしっかり食べてもらうようにしています。(もちろん、採血結果と相談をしながらですが)

  • 腎機能低下が重症ではない(eGFR30以上の方)
  • 高齢者
  • 採血でカリウムの値が高くない

野菜・果物に含まれる食物繊維やビタミンをしっかり食べてほしいという気持ちもあるためです。

それでもカリウムの値がコントロールがつかない場合は、まず「ロケルマ」と呼ばれるカリウムを下げる薬を内服して、それでもコントロールがつかなければ野菜・果物を制限するようにします。

当院で通院している保存期(透析していない)の腎臓病の患者さんで、野菜・果物の調整が必要になる患者さんはごく僅かです。

腎臓とカリウムについては詳しくは「腎臓病で本当にカリウムの多い食品を控える必要があるのか」をご確認ください。

タンパク質の調整について知ろう

タンパク質は、体に吸収された後に代謝を受けて最終的に尿素窒素(BUN)になります。

このBUNが以下のメカニズムで腎臓に影響を及ぼします。

  • 腎臓の糸球体への負荷
  • 代謝性アシドーシス(血液が酸性になる)
  • ミネラルの異常 など

そのため、腎機能低下があるときはタンパク制限が推奨されることがあります。

具体的には腎機能の状態に応じて以下のような形で推奨されています。

  • CKD stageG3a(eGFR45以上):0.8-1.0g/kg/日
  • CKD stageG3b以降(eGFR45以下):0.6-0.8g/kg/日

タンパク質の質については、動物性タンパク、植物性タンパクに分けてメリットを考えていくと良いでしょう。

動物性タンパクはアミノ酸を効率的に体に取り入れることがメリットで、植物性タンパクは野菜・果物にふくまれるビタミン、食物繊維も同時にとることがメリットです。

中にはタンパク質調整食品と呼ばれる食品も販売されています。

一方で、タンパク制限には以下のようなリスクがあります。

  • 身体機能への影響
  • 食事量の低下
  • 他の栄養素でのカロリーの補正の難易度が高い など

ガイドラインにも記載されていますが、我流でのタンパク制限は非常に危険なので必ず管理栄養士、腎臓内科医の指導のもとで行ってください。

これは私見になりますが、タンパク制限はリスクが高い割に、腎機能低下を抑える効果は根拠として限定的と考えています。

そのため当院でもタンパク制限はあまり積極的に行っておらず、塩分の調整にリソースを割いてもらっています。

またタンパク制限はかなり人も選ぶ治療なので、インターネットでの中途半端な情報収集だけで行わないようにしてください。

タンパク制限については、こちらでもまとめたのでご参照ください(「タンパク質と腎臓について」)。

また、たんぱく質を維持するために腎臓リハビリテーションという運動療法を行うことを推奨しています。詳しくはこちらのページをご参照ください。

 

我流の食事療法はやっぱりおすすめしません。。。

腎臓病の食事の治療は、腎臓の治療の経験の豊富な医師と管理栄養士のもと行う必要があります。医療機関で行うことは主に以下の内容です。

  • 定期的な採血検査・尿検査
  • 身体機能のチェック
  • 管理栄養士によるカウンセリング など

患者さんの腎機能の状態、採血結果などで食事の内容が変わります。

かなり個別性の出る治療なのでインターネットで情報を拾って、我流で行うことはあまりお勧めしません。

近年、ご高齢の患者さんが過度なタンパク制限を行った結果、フレイルと呼ばれる寝たきりに近い状態になるような事例が多発しています。

学会でも「サルコペニア・フレイルを合併した保存期 CKDの食事療法」というガイドラインが出来るほどのある種の注意喚起がされています。

腎臓病の食事の治療を受けるには

腎臓病の食事の治療は、腎臓内科医と管理栄養士がタッグになって診療を行う医療機関で行うのが望ましいです。

ただし、中々地域に腎臓内科のクリニックがないこともあるので、内科のクリニックでもよいかもしれません。

その場合は管理栄養士の在籍しているクリニックが望ましいです。

もし回りにそのような医療機関が無ければ、関東圏であれば当院をご利用ください。

実際、腎臓のことで当院を受診される患者さんの半数以上は県外から受診されており、多くの患者様が地域にかかりつけを作り腎臓のことで当院に受診されております。

当院へ受診希望の方へ

当院では管理栄養士が3名在籍しており、さらに近年注目を集めている腎臓リハビリテーションと呼ばれる腎臓の運動療法も行っております。

ご興味がある方は不安な気持ちを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

受診後は以下のような流れになります。

① 医師の診察・検査(血液検査・尿検査)

② 結果説明→治療方針の決定→栄養士によるカウンセリング

③ 定期的に通院も可能(何度でもご相談頂くことが可能です。)

 

お電話・webより、診察のご予約を受け付けております。

 

▼当院の腎臓内科について詳しく知りたい方はこちらのページをご参照ください。(診療内容・アクセス・診療時間・よくある質問など)

腎臓内科の診療について

 

▼web予約

 

▼電話予約

03-5249-3210

【ご注意】

  • 予約優先でのご案内となります
  • web予約は1時間前まで可能です※電話は随時対応
  • 予約なしの受診も可能ですが、待ち時間が長くなる場合がございます
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME