メニュー

タンパク尿を指摘されたらまず読んでほしい記事

こんにちは、赤羽もり内科・腎臓内科の院長の森 維久郎です。

今回は腎機能のSOSの役割を示す「タンパク尿」についての解説記事を書きます。

健康診断などで異常を指摘されるも、症状がないことや、医療関係者の中でもしっかり認知されておらず、放置されがちな検査異常です。

腎臓という臓器は一度悪くなると良くならないので、健康診断などで異常を指摘された患者様にはぜひお読みいただきたいと思います。

【目次】

タンパク尿とは

タンパク尿は腎臓に何らかの異常が起きていることを示すSOSのような役割を果たす検査異常です。

腎臓という臓器は「必要な物を体に留めて、不要な物を尿として体の外に出す」臓器です。

腎臓の糸球体(しきゅうたい)というフィルターのような構造がこの役割を担っており、蛋白は私達の体にとって必要な物なため原則外に出る事はありません

タンパク尿が出ているということは、糸球体をはじめ腎臓に何らかの異常がある可能性があります。

タンパク尿を放置すると

過去に沖縄で行われた研究で、尿タンパクの検査を行った住民を対象に、17年後にどのくらいの人が透析になったかを調べた研究があります。結果は以下のような結果となりました。


タンパク尿「2+、3+」の人はそうでない住民と比較して、透析が必要になる確率が高いということがわかりました。

そのため、タンパク尿が(2+)、(3+)の場合は、症状がなくても要注意です。

タンパク尿が出る原因

タンパク尿が出る原因のパターンは、大まかに3種類あります。

1. 生活習慣病が原因:糖尿病、高血圧、肥満など

2.免疫や遺伝の病気が原因:IgA腎症、ネフローゼ症候群、血管炎など

3.その他:起立性タンパク尿(腎臓に異常なし)

この3パターンの中でどれに当てはまるかを調べるために、腎臓の特別な採血、尿検査、エコー検査を行ないます。

タンパク尿を改善させる治療・方法

1度悪くなった腎臓を再生する方法はありませんが、タンパク尿を改善させることで残っている腎機能を保護することができます。

タンパク尿が出ている原因にもよりますが、食事・運動の治療、薬の治療が大切です。

食事・運動の治療は、塩分を減らし、有酸素運動や筋力を鍛える運動をします。近年誕生した腎臓リハビリテーションと呼ばれる腎臓のための運動療法もあります。

これらは専門の管理栄養士や運動の療法士さんと相談して治療を行うのが望ましいです。

薬の治療は、特に血圧と血糖値の治療が大切です。腎臓を守る作用がある「RAS系阻害薬」、「SGLT-2阻害薬」を組み合わせて治療をすることが望ましいです。

タンパク尿(2+)以上なら迷わず医療機関へ

尿検査で異常を指摘されたドキッとされた方も多いと思いますが、タンパク尿(2+)以上を指摘されたら医療機関を受診されることをお勧めします。

健康診断など行われる尿検査は、(-)、(±)、(1+)、(2+)、(3+)という形で結果を出します。

この検査の難点は、タンパク尿を濃度でみているため、水分不足などで尿が濃くなっているときに検査をすると異常でないのに、異常と検出されることがあります。

つまり(2+)以上でも本当は腎臓に異常がないこともあります。

医療機関では「定量検査」と呼ばれる実際1日あたりタンパク尿が何グラム出ているかを調べる検査を行うことが可能です。

尿の定量検査は内科のクリニックだと行っていないこともあり、受診する診療科は腎臓内科が望ましいです。

ただし、中々地域に腎臓内科のクリニックがないこともあるので、内科のクリニックで「尿タンパクの定量検査」、「腎臓のエコー検査」などをやっている医療機関があればそちらでもよいです。

もし回りにそのような医療機関が無ければ、関東圏であれば当院をご利用ください。(実際、腎臓のことで当院を受診される患者さんの半数以上は県外から受診されています。)

よくある質問

Q1 タンパク質を一杯食べているから、尿タンパクが出るというのは本当ですか?

基本的には、タンパク質を一杯とっていることと、尿タンパクが出るのは関係ありません。異常のない尿タンパクはないです。

当院を受診希望の方へ

病院に行くのは「不安」「面倒くさい」…、そう思う気持ち、とてもよくわかります。

ただ、腎臓内科をしていて、これまで健康診断の異常があったけど症状がないから放置しており、受診されたときには透析直前だったという患者さんを一杯みてきました。

自分の大事な体を守れるのは、自分だけです。

不安な気持ちを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

お電話・webより、診察のご予約を受け付けております。

 

▼web予約

 

▼電話予約

03-5249-3210

【ご注意】

  • 予約優先でのご案内となります
  • web予約は1時間前まで可能です※電話は随時対応
  • 予約なしの受診も可能ですが、待ち時間が長くなる場合がございます
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME