メニュー

クレアチニンが高いと言われたらまず読んでほしい記事

こんにちは、赤羽もり内科・腎臓内科の院長の森 維久郎です。

今日は腎機能の状態を示すクレアチニンについての解説記事を書きます。

健康診断などでクレアチニンが高いと言われ、腎機能が悪くなっていると言われた患者さんなどに向けて書いています。

【目次】

クレアチニンとは

クレアチニンとは、筋肉を動かすためのエネルギーを使った後に出てくる老廃物の一つです。

このクレアチニンは体にとって不要なもので、尿として体の外に出ていきます。

腎臓が悪くなるとクレアチニンが体の中に溜まり濃度が高くなります。

クレアチニンの血液中の濃度を測定して腎臓が現在どのくらいの能力があるかを推測することが出来ます。

クレアチニンが高い原因

クレアチニンが高くなる原因は、大まかに3パターンあります。

1. 生活習慣病が原因

2. 免疫や遺伝の病気が原因

3. 筋肉量などが原因で腎臓に異常はない

この3パターンの中でどれに当てはまるかを調べるために、腎臓の特別な採血、尿検査、エコー検査を行ないます。

クレアチニンが高いときの症状

クレアチニンが少しだけ高いときは、まったく症状がありません。

年齢によりますが、2.0-3.0mg/dl以上になってやっと症状が出てきます。(あと数年で透析が必要になるまで腎臓が悪くなった状態です。)

むくみ、貧血、倦怠感などが代表的な症状です。

クレアチニンの異常を放置すると

腎臓という臓器は、障害を受けても重症になるまで症状は出ません。

そのため多くの場合は、採血や尿検査で腎臓に異常があることがわかります。

症状がないため、放置されることが非常に多く、症状が出た時には時すでに遅しになっていることが多々あります。

原則、1度悪くなった腎臓は回復しないので早く見つけるのが望ましいです。

クレアチニンが異常の時に行う検査

クレアチニンだけで腎臓の障害を測定するには不十分なため、採血や尿検査で総合的に評価します。

とくにeGFR、シスタチンC、尿タンパクなどを測定して総合的に判断します。

eGFR

eGFRとはクレアチニンの値に加えて、「年齢」、「性別」の要素を組み込み特別な計算式で算出された値です。ざっくりクレアチニンの進化バージョンみたいなイメージです。

eGFRが60ml/min/1.73m2以下だと、腎臓病の可能性があります。

シスタチンC

クレアチニンは体格が良い若い男性のような筋肉量が多い方では、不正確になります。

シスタチンCという別の採血項目を使用して、筋肉量が多い人でも正確に出るように検索します。

尿タンパク

クレアチニン、シスタチンC、eGFRは採血で調べる項目ですが、尿検査でも腎臓の障害を調べることが可能で、最も重要なのが尿タンパクです。

健康診断などで行われている尿タンパクの検査は、マイナス、1+、2+のような形で結果を出しますが、更に詳しくタンパクが何g出ているかを調べる検査をする必要があります。(尿タンパクについてはこちらをご参照ください。

腎機能の治療・改善方法

クレアチニンが高いといわれ、検査を行い診断をつけたら治療を行います。

腎機能の治療で大切なのは、食事・運動の治療、薬の治療が大切です。

食事の治療は、塩分を中心に適量にしていきます。(詳しくは「腎臓病に良い食べ物で腎機能の低下を防ぐための3つの基礎知識」をご参照ください。)

運動の治療は、有酸素運動や筋力を鍛える運動をします。腎臓リハビリテーションと呼ばれる腎臓のための運動療法もあります。

これらは専門の管理栄養士や運動の療法士さんと相談して治療を行うのが望ましいです。

薬の治療は、特に血圧と血糖値の治療が大切です。腎臓を守る作用がある「RAS系阻害薬」、「SGLT-2阻害薬」を組み合わせて治療をすることが望ましいです。

後回しにせず医療機関へ

腎臓が悪いと言われてドキッとされた方も多いと思いますが、クレアチニンが高いと言われたら勇気を出して医療機関を受診することをお勧めします。

受診する診療科は、可能であれば腎臓内科のクリニックがよいと思います。

ただし、中々地域に腎臓内科のクリニックがないこともあるので、内科のクリニックでもよいかもしれません。

内科のクリニックで「シスタチンC」、「尿タンパクの定量検査」、「腎臓のエコー検査」などをやっている医療機関が望ましいです。

もし回りにそのような医療機関が無ければ、関東圏であれば当院をご利用ください。(実際、腎臓のことで当院を受診される患者さんの半数以上は県外から受診されています。)

よくあるご相談

Q1:筋トレでクレアチンを飲んでいるからクレアチニンが高いと聞いたことがあるのですが、いかがですか?

クレアチンを飲んでいても、腎臓に異常がなければ血液中にクレアチニンが溜まることはありません。また記事で触れたシスタチンCを測定しても良いかもしれません。

Q2:今までクレアチニンが2.0mg/dlぐらいだったのに、急に2.5mg/dl、3.0mg/dlとドンドン上がっています。急に腎臓が悪くなっているのですか?

クレアチニンという値は、同じスピードで腎臓が悪くなっていても、数字上2.0mg/dlを越えたあたりから急激に増えていきます。そのため勘違いをされる患者さんが多いです。このような混乱を避けるためにeGFRという値が使用されています。

Q3:タンパク質を一杯食べているとクレアチニンが上がると聞いたので、腎臓が悪くなっているわけではないと思うのですが、いかがですか?

タンパク質を一杯食べていても、腎臓に異常がなければ血液中にクレアチニンが溜まることはありません。

当院を受診希望の方へ

病院に行くのは「不安」「面倒くさい」…、そう思う気持ち、とてもよくわかります。

ただ、腎臓内科をしていて、これまで健康診断の異常があったけど症状がないから放置しており、受診されたときには透析直前だったという患者さんを一杯みてきました。

自分の大事な体を守れるのは、自分だけです。

不安な気持ちを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

お電話・webより、診察のご予約を受け付けております。

 

▼web予約

 

▼電話予約

03-5249-3210

【ご注意】

  • 予約優先でのご案内となります
  • web予約は1時間前まで可能です※電話は随時対応
  • 予約なしの受診も可能ですが、待ち時間が長くなる場合がございます

 

▼当院の腎臓内科について詳しく知りたい方はこちらのページをご参照ください。(診療内容・アクセス・診療時間・よくある質問など)

腎臓内科の診療について

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME