メニュー

クレアチニン

赤羽もり内科・腎臓内科では、クレアチニンについて以下のような患者様向けの診察を行っております。

・健康診断でクレアチニンが高く、腎臓内科を受診するように言われた。

・腎臓のこと以外で他のクリニックに通っているが採血をした時にクレアチニンが高いと言われた。

クレアチニンとは?

クレアチニンとは、腎臓の能力を示す値です。

クレアチニンは筋肉を動かした後に出てくる老廃物の1つで、腎臓を通じて排泄されるのですが、腎臓が悪くなると出ていかず体に溜まっていきます。

クレアチニンの異常を放置すると

腎臓という臓器は、障害を受けても原則症状は出ません。

採血でこのクレアチニンを調べることでやっと腎臓が悪くなっていることがわかります。

原則、1度悪くなった腎臓は回復しないので早く見つけるのが望ましいです。

クレアチニンが異常の時に行う検査

クレアチニンだけで腎臓の障害を測定するには不十分なため、他の項目を測定します。

とくにeGFR、シスタチンC、尿タンパクなどを測定して総合的に判断します。

eGFRとは

eGFR(イージーエフアール)とはクレアチニンの値に加えて、「年齢」、「性別」の要素を組み込み特別な計算式で算出された値です。ざっくりクレアチニンの進化バージョンみたいなイメージです。

eGFRが60ml/min/1.73m2以下だと、腎臓病の可能性があります。

シスタチンC

クレアチニンは体格が良い若い男性のような筋肉量が多い方では、不正確になります。シスタチンCという別の採血項目を使用して、筋肉量が多い人でも正確に出るように検索します。

尿タンパク

クレアチニン、シスタチンC、eGFRは採血で調べる項目ですが、尿検査でも腎臓の障害を調べることが可能で、最も重要なのが尿タンパクです。

ざっくり、採血検査が「現在の障害」を調べる検査としたら、採尿検査が「未来の障害」を調べる検査というイメージでお考えください。

腎臓病の診療をご希望の方へ

赤羽もり内科・腎臓内科は赤羽駅東口から徒歩5分にあるクリニックです。予約は不要で、会社の勤めの方でも通いやすいように、平日・土曜日の20時まで診療しております。
 
当院では「透析」になる患者さんを減らす腎臓病の診療に力を入れております。
 
受診希望の方は、初診の患者様向けのページをご参照ください。
 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME