メニュー

【数値別】ヘモグロビンA1cが高いと言われた時にまず読んでほしい記事

こんにちは、赤羽もり内科・腎臓内科の院長の森 維久郎です。

今日は糖尿病の状態を示す「ヘモグロビンA1c」についての解説記事を書きます。

【目次】

 

ヘモグロビンA1cとは

ヘモグロビンA1cとは、過去に2か月程度の血糖値の平均値を評価する指標です。

イメージとしては血糖値が「点」、ヘモグロビンA1cが「線」の評価をしています。

血糖値とヘモグロビンA1cの両方を組み合わせて、糖尿病の評価を行います。

 

ヘモグロビンA1cが高い原因

ヘモグロビンA1cが高くなる原因は、血糖値が持続的に上がっているためです。

その背景には、インスリンと呼ばれる血糖値を下げるホルモンが「効きづらい」、もしくは「不足している」ことが主な原因です。

ただし、以下の場合はヘモグロビンA1cの値が高めに出たり、低めに出たりすることもあります。

〇 高めにでる場合

  • 鉄欠乏性貧血 など

 

〇 低めにでる場合

  • 鉄欠乏性貧血の改善期
  • 溶血性貧血
  • 出血
  • 造血剤を使用
  • 肝硬変 など

 

ヘモグロビンA1cが高い時の症状

ヘモグロビンA1cが高くても、軽症から中等症では基本的に症状は出ません。(詳しくは後で数値別に解説します。)

そのため、糖尿病は比較的未治療で放置されてしまい、症状が出た時には手遅れになっていることが多い病気です。

 

ヘモグロビンA1cが高いのを放置すると

ヘモグロビンA1cが高い状態を年単位で放置すると、以下のような様々な全身の臓器に障害が出ます。

  • 心臓の障害→心不全・心筋梗塞など
  • 腎臓の障害→腎不全など
  • 目の障害→失明など
  • 神経の障害→しびれなど
  • 足の障害→足の切断など

そのため症状がない段階で早めの治療を行うことが大切です。

ヘモグロビンA1cを下げる治療

ヘモグロビンA1cを下げる治療は、正しい知識の理解のもとに行う食事・運動の治療を行い、必要に応じて正しく薬を飲むことです。

詳しくは「ヘモグロビンA1cを下げるための3つのコツ」をご参照ください。

 

ヘモグロビンA1cを数値別に解説

糖尿病といっても、軽症な糖尿病から重症な糖尿病があります。

ヘモグロビンA1cの数値別に解説してみようと思います。

ヘモグロビンA1cが6.5以上

糖尿病の診断となる可能性が高い段階ですが、基本的に無症状です。

治療はまずは生活習慣の改善をして、HbA1c7.0%以下の状態が持続するようにしていきます。

 

ヘモグロビンA1cが8以上

症状はまだ出ないことが多い段階ですが、この状態が持続すると糖尿病による心臓・脳・腎臓・神経・目などの合併症が起きる可能性が高くなります。

生活習慣の治療だけでなかなかコントロールすることが難しいため、飲み薬を積極的に検討します。

 

ヘモグロビンA1cが10以上

まだ無症状のこともありますが、血糖値が非常に高く即座に治療が必要な状態です。

時と場合によって、インスリン注射や入院による治療が必要になることもありますが、臨床経過次第では飲み薬だけで治療をすることもあります。

 

ヘモグロビンA1cが12以上

血糖が異常に高いことで以下のような症状がでることがあります。

  • のどが異常にかわく
  • 尿量が多い
  • 体重減少 など

ヘモグロビンA1cが12以上の状態が持続していると、ケトアシドーシスと呼ばれる緊急性のある状態に陥っている可能性があり、インスリン注射や入院による治療が必要になることもあります。

症状がなく、ケトアシドーシスなどの合併症がない場合、臨床経過次第では飲み薬だけで治療をすることもあります。

いずれにせよ非常に危険な状態なので、必ず即座に治療を開始しましょう。

 

ヘモグロビンA1cが高いと言われたら

ヘモグロビンA1cが高いと言われたら糖尿病の可能性があります。

糖尿病と言われてドキッとされた方も多いと思います。

ヘモグロビンA1cが6.5%を越えていたら、後回しにせずに医療機関に受診されることをお勧めします。

糖尿病は症状が出る前の段階で治療を始める必要性があり、更に早期の段階で治療を始めた方が必要となる薬の量が少なくなり、食事制限などの生活習慣の制限も少なくも良いです

通院する医療機関は糖尿病の診療に力を入れている医療機関が良いと思います。

医療機関をお探しの方は日本糖尿病協会という公的な団体があり、こちらで医療施設を検索できます。詳しくは「医療施設検索:日糖協データーベース」のページをご参照ください。)

もし回りにそのような医療機関が無ければ、都内北部・埼玉の方であれば当院をご利用ください。

 

当院を受診希望の方へ

病院に行くのは「不安」「面倒くさい」…、そう思う気持ち、とてもよくわかります。

ただ、腎臓内科をしていて、これまで健康診断の異常があったけど症状がないから放置しており、受診されたときには透析直前だったという患者さんを一杯みてきました。

自分の大事な体を守れるのは、自分だけです。

不安な気持ちを抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。

お電話・webより、診察のご予約を受け付けております。

 

▼web予約

 

▼電話予約

03-5249-3210

【ご注意】

  • 予約優先でのご案内となります
  • web予約は1時間前まで可能です※電話は随時対応
  • 予約なしの受診も可能ですが、待ち時間が長くなる場合がございます。

▼糖尿病について知りたい方はこちら

糖尿病内科 血糖値
ヘモグロビンA1c  糖尿病の治療のコツ 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME