メニュー

糖尿病とは

糖尿病とは

糖尿病(とうにょうびょう)とは、インスリンという身体の血糖値を下げるホルモンの作用不足によって慢性的に血糖値が上がる高血糖の状態が続く代謝の病気です。

糖尿病予備群と合わせると2000万人を越えると言われている国民病です。

糖尿病を放置すると・・・

血糖値が高い状態が続くと、心臓・脳・腎臓・眼・神経など身体の様々な箇所にジワジワ障害を起こします。結果、将来的に心筋梗塞、透析、失明などになる可能性が高くなります

また特徴として、からだには障害が起きているのに最初は症状が全く出ないので中々危機感を感じにくく、放置されがちの病気です。

多くの患者さんが眼が見えづらくなったり、胸が痛くなってから受診されるのですが、症状が出る時には、すでに長年の障害が蓄積されてかなり進行した状況です。

特筆すべきなのは一度起きた障害は元に戻りません。そのため症状が出てから治療をしても時すでに遅しのことも多々あります。

糖尿病は症状が出る前の段階で治療を始める必要性があり、更に早期の段階で治療を始めた方が必要となる薬の量が少なくなり、食事制限などの生活習慣の制限も少なくも良いです

長期的な観点からなるべく早めの介入が望ましいでしょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME