メニュー

eGFR

eGFRとは?

eGFRとは、腎臓の能力を示す値です。

厳密には、eGFRは腎臓の糸球体(しきゅうたい)という不要な物質と必要な物質をやり取りする腎臓のフィルターが1分間で処理している血液量を示します。

ただし、この説明だとよくわからないので、大まかに100%満点で今何点かを示す値で、60を切ると検査が必要と説明することも可能です。

eGFRを放置すると

腎臓という臓器は、障害を受けても原則症状は出ません。

採血でこのeGFRを調べることでやっと腎臓が悪くなっていることがわかります。

原則、1度悪くなった腎臓は回復しないので早く見つけるのが望ましいです。

eGFRで分かる重症度

このeGFRの値で、ステージ1〜5までに以下のように分けます。

このステージ毎に、腎臓の重症度、治療法が異なります。

ステージ5まで行くと、透析が必要な状態となりますので、なるべくステージが進行しないように治療をします。

診察の流れ

eGFRのご相談に対して以下のように診察しております。

① 採血検査

まず問診を行った上で、検査を行います。

eGFRは簡便で良い検査なのですが、不正確に表示されることもあります。(若くて筋肉量がある人はeGFRが低く出ます。)

そのためシスタチンCという別の指標も使って一緒に評価します。

② 採尿検査

eGFR以外にタンパク尿を調べることで腎臓の障害を調べることが出来ます。

そのため、尿検査も一緒に行わせて頂きます。

③ 画像検査

採血検査・採尿検査で異常値が出た場合は腹部エコー検査を行います。

腎臓の形をみて原因の特定をします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME